住まいの安全性

Safety

耐震等級3を実現

国土交通省が認めた耐力壁「Kダンパー」

国土交通大臣が認定した高性能ダンパーを標準仕様

木造建築構造の第一人者である東京理科大学名誉教授・井口道雄氏の監修により開発されたKダンパーは、国土交通大臣認定の耐力壁。地震の揺れに耐える耐震の機能と、揺れを制御する制震の機能を併せ持つ装置で、阪神大震災規模の大地震や繰り返し起こる余震でもほぼ損傷しないことが実証された高性能ダンパーです。

優れた耐震性と制震性を発揮する3つのポイント

1摩擦ダンパー

地震の揺れを吸収する制震材には、「フェノール樹脂」を採用。安定した摩擦力を発揮し、自動車のディスクブレーキなどにも仕様される耐久性の高い素材です。Kダンパーの摩擦材の耐久性は、なんと169年以上(※)!700回の繰り返し摩擦の後でも性能の劣化はみられませんでした。
※大臣認定申請用試験結果

2壁倍率3.3倍

耐力壁の強度をあらわす数値を「壁倍率」といいます。これは0.5〜5.0の幅で設定されており、数値が大きくなるほど強度は高くなります。Kダンパーは、その名の通り「鋼製のK型筋交い」を入れることで、壁倍率3.3倍を実現。制震性に加え、優れた耐震性も備えています。

3国土交通大臣認定

Kダンパーは、温度・速度依存性の確認試験や、認定機関による厳しい試験や審査をクリア。国が認めた信頼度の高い製品です。サンエルホームでは、Kダンパーで南海トラフ地震への備えを万全に、家族と住まいの資産価値を守ります。

すべての震度をカバーできる安心の耐震×制震効果

Kダンパーの強み、それは地震への適応範囲の広さにあります。阪神大震災などの大地震の後には繰り返し余震が起こるため、本震は耐えることができても、後の余震で倒壊してしまう…ということも実際に起こりえます。耐震性と制震性を兼ね備えたKダンパーなら、震度5強以上の大きな揺れも、その後に起こる余震のような小さな揺れも、すべての震度をカバーできます。

WEB来場予約 モデルハウス WEBカタログ オンライン相談